留学レポート

世界で学ぶ東工大生

フランス超短期海外派遣プログラム(2023 夏)ショートレポート

2023年10月13日

  • ヨーロッパ
  • フランス
  • 3カ月未満
  • グローバル理工人育成コース 超短期海外派遣プログラム
  • アールゼメティエ
  • ソルボンヌ大学
  • シグマ・クレルモン

2023年の夏休みに実施したフランス超短期海外派遣プログラムの参加者によるレポートです。
(報告者:学士課程1年/環境・社会理工学院 )


プログラム概要

フランスへの超短期派遣プログラムは95日から917日までの日程で行われ、学士1年生から修士2年生までの9人の学生が参加しました。フランスではパリとクレルモン=フェランの二つの都市を訪れました。パリではソルボンヌ大学、アール・ゼ・メティエ、Diam Conceptなどを、クレルモン=フェランではミシュラン社やシグマ・クレルモンなどを訪問しました。

 

ソルボンヌ大学

ソルボンヌ大学では、まずプラズマについての講義を受けました。その後プラズマに関するいくつかの研究室を訪問し、研究内容の説明や質疑応答をしていただきました。さらに、日本に興味のあるソルボンヌの学生と交流する機会もありました。こちらからは東工大や日本について紹介するプレゼンを行ったほか、彼らと日本のアニメや漫画の話で盛り上がったりして、それぞれ交流を楽しみました。交流会が終わった後や後日も、そこで出会った学生と一緒にパリを観光するメンバーもいました。

ソルボンヌ大学での研究室訪問

 

アール・ゼ・メティエ

アール・ゼ・メティエは、グランゼコールというフランス独自の教育機関です。ここでは、研究室を訪問したほか、エッフェル塔の設計図を見せていただきました。また、東工大にこの秋から留学予定の学生とオンラインで交流し、東工大のサークルや研究について紹介するプレゼンを行いました。さらに、アール・ゼ・メティエのstudent unionの方々との交流の機会もあり、アール・ゼ・メティエの伝統や東工大との違いについて話で盛り上がりました。

エッフェル塔設計図の見学

 

Diam Concept

Diam Conceptは人工的にダイヤモンドを作るという事業を行っている企業です。実際にダイヤモンドを作っている施設を見学させていただいたり、商品のダイヤモンドについてのお話を伺いました。

 

Michelin

ミシュラン社では、オフィスの見学をさせていただいたり、テストコースを実際にバスで案内していただきました。その後、フランスのミシュランで働いていらっしゃるフランス人と日本人の方々から、ご自身のご経歴やミシュラン社での仕事についてのお話を伺いました。学生からの質問にもたくさん答えていただき、とても貴重な機会となりました。

ミシュラン社にて

 

シグマ・クレルモン

シグマ・クレルモンはクレルモン=フェランにある大学です。ここでは、研究室の訪問やワークショップを行いました。ワークショップではレーザープリンターを使ったりと普段はなかなかできない体験をさせていただきました。また、大学が昼休みの時間には学生交流を行いました。こちらからはプレゼンを行い、そのあとは日本のお菓子をみんなで食べたりお話したりとそれぞれ交流を楽しみました。

シグマ・クレルモンでの学生交流

 

所感

今回のプログラムに参加して、今後の自分の学習に対するモチベーションが高まりました。研究室の訪問では、難しい研究内容の説明を英語で受け、理解できなかった部分も多かったのですが、英語に加えて理工系の勉強も同じくらい真剣に取り組む必要があるということに気が付くことができました。また、フランスの公用語はフランス語ですが、思っていた以上にフランスの人は英語を話せる人が多かったです。英語が世界の共通言語であることを強く感じ、自分も英語を話せるようにならないといけないと思いました。

この記事を共有する

関連記事

  • 超短期海外派遣プログラム(タイ)-2023年・夏
    • アジア
  • グローバル理工人国内研修(オンライン) 2022 Spring ~ アメリカ・タイ・フランス:ショートレポート
    • アジア
    • ヨーロッパ
    • 北米
  • 欧州超短期派遣プログラム(ドイツ・オーストリア)
    • ヨーロッパ