留学プログラム

    超短期海外派遣プログラム(タイ)

    2018年度

    グローバル理工人育成コース「実践型海外派遣プログラム」の対象科目です。

    本プログラムは3Qに開講される「グローバル理工人概論4」とセットで実施されます。本プログラムに参加を希望する学生は必ず「グローバル理工人概論4」を履修して下さい。

    本プログラムと「グローバル理工人概論4」は、1.現地訪問、2.遠隔によるグループワーク、3.チュラロンコン大学学生の本学訪問の3つを組み合わされています。具体的な内容は以下の通りです。

    • タイの現地訪問では、前半のグループワークや専門家による講義等を含める。また、グループワークのテーマ(スマートシティ)に関連した施設訪問を行う。
    • 遠隔によるグループワークでは調査結果の共有や相違点について議論を行い、最終提案の準備を行う。
    • 2018年12月のチュラロンコン大学学生受入れの際に最終発表を行う。

    <特徴>
    ● タイの名門、チュラロンコン大学の学生と英語でグループワーク。
    5人程度の少人数グループで、(学生同士)とても仲良くなれ、英語のハードルがぐっと下がります。

    ● テーマは今、話題の「スマートシティ」。バンコクやプーケット島に滞在し、各地のスマートシティへの取り組みを学びます。
    プーケットではビーチで遊ぶ時間もあります!

    ● タイ人はとっても親日派。どこにいってもみんな親切&ご飯がおいしい!
    夜も、チュラ大生と一緒に、食事や観光ができます。

    <こんな方にお勧め>
    ● 英語の会話力をUPしたい!外国人の友達が欲しい!
    ● 新興国と日本との2国間比較・生活に役立つ技術革新や都市計画に興味がある。
    ● 勉強も観光も「両立」したい!

    <募集要項>

    thai2018

    <申請書>※以下よりダウンロードしてください。
    Applicationform_2018Summer

    対象 学士課程2,3,4年生、修士課程の学生
    派遣先 タイ(バンコク・プーケット)
    チュラロンコン大学ほか
    派遣期間 2018年8月28日(火)~9月6日(木) (9泊10日)
    派遣人数 10名程度
    選考方法 書類審査及び面接
    申請書提出期限 05月18日
    奨学金支給(日本学生支援機構 等) あり(条件有。国費留学生を除く)
    webサイト http://www.ghrd.titech.ac.jp/world/thai2017/
    留学レポート 超短期海外派遣プログラム(タイ)-2018年度・夏