留学プログラム

    インドネシア バンドン工科大学サマープログラム

    2018年度

    バンドン工科大学での講義受講、アジア・オセアニア地域からの学生との交流、現地の文化学習、 研究機関・インフラ施設訪問、テーマを決めての英語によるプレゼン等が予定されています。修士課程・博士課程の学生には、『国際研究研修』の単位が付与されます。また学士課程の学生については、グローバル理工人育成コースの科目の単位の取得が可能です。

    <特徴>

    インドネシアの名門 バンドン工科大学での講義・ワークショップ・プレゼンテーション

    ・現地の学生・アジア各国の学生との緊密な交流
    ・バンドン工科大学キャンパス内での寮生活
    ・活気あるバンドンの街で経済発展著しいインドネシアの今を体感

    <こんな人にお勧め>

    ・活気あふれる東南アジアを肌で感じたい
    ・アジア各国の学生と交流がしたい
    ・自然の中でのアクティビティーを体験したい
    ・チャレンジ精神が旺盛

    <募集要項>
    ITB AOTULE Summer Program 2018 CfA

    <プログラム詳細>

    ITB AOTULE Summer Program Outline

    <申請書>
    ITB AOTULE Summer Program 2018 Application Form

     

    問合せ先 : 工系国際連携室 ko.intl@jim.titech.ac.jp(担当:栗山)
    申請書の提出先 :工系国際連携室 ko.intl@jim.titech.ac.jp(担当:栗山)

    対象 学士課程、修士課程、博士課程の学生
    派遣先 インドネシア バンドン
    派遣期間 2018年7月31 日(火)~8月19 日(土)(20 日間)
    派遣人数 5~10名程度
    内容 バンドン工科大学での講義受講、アジア・オセアニア地域からの学生との交流、現地の文化学習、 研究機関・インフラ施設訪問、テーマを決めての英語によるプレゼン等
    選考方法 書類審査及び面接
    申請書提出期限 06月06日
    奨学金支給(日本学生支援機構 等) あり(条件有。国費留学生を除く)