NEWS

新着情報

グローバル理工人育成コースへの所属方法について(修士課程)

2021年9月14日

修士課程の学生は、初級または中級(中級は要件単位を履修済みの場合)、もしくは上級からのスタートとなります。
ご自身の状況により、どのレベルに所属できるのかが異なりますので、あらかじめこちらでご確認ください。
所属申請方法は、以下の通りとなります。

申請方法

初級・中級

グローバル人材育成推進支援室に所属希望の旨、メールにてご連絡ください。
(メール宛先)グローバル人材育成推進支援室 ghrd.info@jim.titech.ac.jp

上級

上級には所属要件があります。

<グローバル理工人育成コース上級の所属要件>

  1. 本学学士課程卒業者:グローバル理工人育成コース中級、もしくは平成 29 年 3 月までに旧グローバル理工人育成コースを修了していること。
  2. 本学学士課程以外の卒業者:英語力スコアの条件(※1)を満たしており、国際性に関する基礎力が備わっている(※2)こと。

 

(※1)英語力のスコア(右記のいずれか):TOEFL iBT80 点以上、TOEFL ITP550 点以上、TOEIC750 点以上、IELTS6.0 以上、英検準1級以上

上記いずれかの取得を証明する公式スコアシート(受験日不問)を提出すること。

(※2)国際性に関する基礎力についての資料を所属申請書と共に提出すること。

上記要件を満たしている場合は、上級の所属申請書 および 必要書類をグローバル人材育成推進支援室に、メールにて提出してください。
※指導教員の署名の取得が難しい場合、指導教員が承認したことを確認できる内容のメール資料などを添付することで、署名の代わりとみなします。

所属申請書などを受理後に、提出された資料内容を確認の上、所属について審査を行い、その結果を後日メールにて通知します。

メール宛先:グローバル人材育成推進支援室 (ghrd.info@jim.titech.ac.jp)

 

申請期間

2021年 10月1日(金)~10月31日(日)

※期間に間に合わない場合は、ご相談ください。

※上級コースのオリエンテーションの開催予定はありません。
質問等ある場合は、グローバル人材育成推進支援室まで、メールにてお問合せください。

 

グローバル理工人育成コース(初級・中級)の選択必修科目について

コースの選択必修科目について、2021年度より科目構成の変更があります。
詳細はこちらをご確認ください。