NEWS

    新着情報

    タイのチュラロンコン大学とのグループワーク講義履修生募集(グロ ーバル理工人概論4)

    2015年7月13日

    グローバル理工人育成コースでは、後期授業「グローバル理工人概論」として、アジア編、欧米編に加え、タイの名門チュラロンコン大学との共同授業を以下の通り実施いたします。本授業の履修生を募集します。異文化コミュニケーションとグループワークの課題テーマに関心のある学生の参加をお待ちしています。


    科目名 : 「グローバル理工人概論4」

    講義タイトル :Global Awareness for Technology Implementation in the Solving of Social Issues

    募集人数 : 6名

    単位 :  1単位(8コマ(講義を含む学習およそ12時間))

    講義時期 : 平成27年10月~11月 水曜日 7,8時限 (15:05-16:35)

    使用言語 : 英語

    形態 :
    本学およびチュラロンコン大学の学生により構成されるメンバー4名(各大学2名)で構成される3グループが共通テーマを選定し共同作業を行う問題解決型のグループワーク。

    対象 : 両校共に学部2年生以上(本学はグローバル理工人育成コース所属生対象)

    課題設定と進行 :
    共通のテーマ(1. 防災、2. 交通、3. 廃棄物)について、各グループのメンバーがそれぞれ母国の事情を調査する。
    グループワークの過程で自分たちが考えられる解決案、 限界などについて述べ、相手国の学生たちはそれに対するコメント、助言などを行い、意見交換を行う。
    本取組により、共通のテーマについて両国の事情、異なる考え方や情報を取り入れ、改善に向けた提案を行う。

    授業計画 :
    1. オリエンテーション、グループ分け、テーマの選定
    2. 両国よりテーマに関する事前講義
    3. グループワーク(各週で進捗状況を報告、中間発表あり)
    4. 最終発表
    5. 適宜フィールド訪問を実施

    グループワークの方法 :
    物理的に離れている学生たちによる共同作業となるため、ポリコム(講義、発表)やインターネット上のテレビ通話システム(グループワーク)を活用する

    *本年度春休み期間に本講義と関連した現地研修を予定しています。(本講義への参加により現地研修が必須となるわけではありません。)

    詳細はこちら


    少人数制の講義なので、履修は選考により行います。
    履修を希望する学生は、以下の情報を8月19日(水)までにグローバル人材育成推進支援室宛にお送りください。(担当:太田)

    1. 名前
    2. 学籍番号
    3. 学年
    4. 学科
    5. 連絡先(メールアドレス、電話番号)
    6. 英語能力の証明(スコアなど)
    7. 具体的に英語でどの程度コミュニケーションできるか、英語コミュニケーション 向上に向けた活動を行っているか。
    8. タイの大学生とのグループワークに対する抱負

    本件問い合わせ先 : グローバル人材育成推進支援室(担当:太田) 内線:3412