GSEC グローバル理工人

初級・中級

室長あいさつ

国境を越えて活躍するエンジニア育成のためのコースを新設
世界に通じる実践的な力を育てる。

グローバル人材育成推進支援室  室長 須佐匡裕教授

現代はエンジニアが国境を越えて活躍する時代です。例えば新興国のインフラ整備など、エンジニアが必要な現場は先進国のみならず世界に広がっています。国内に目を向けても、海外の企業や研究機関と仕事をする機会は増える一方。もともと本学ではリーダー人材の育成を掲げていますが、グローバル社会を牽引するためにはそれに合わせた教育が必須です。本学では全校挙げてグローバル人材育成に取り組み、「グローバル理工人育成コース」を新設いたしました。
グローバル人材育成は、英語力強化だけを指すのではありません。異文化圏の人と一緒に仕事をする際に、相手を理解し、自分をアピールしながら、同じ目的に向かい邁進できるような力をつけることが実践的な意味でのグローバル人材育成です。そのために本学では、1年次から国際意識を醸成し、アカデミックな英語のリーディング、ライティング力を強化するとともに、他者を理解するために必要な想像力や、他者とともに歩むために重要なチームワーク力を育むプログラムも用意して、多角的にグローバル人材育成を行っています。また、大学時代から海外を身近に感じてもらうための留学プログラムにも力を入れています。
このページのトップへ

グローバル人材育成推進支援室 大岡山キャンパス 南6号館405号室 〒152-8550 目黒区大岡山2-12-1 S6-13 

Copyright © 2013 Tokyo Institute of Technology. All rights reserved.