NEWS

    新着情報

    国際即戦力育成インターンシップ(1次募集)

    2016年4月19日

    日本貿易振興機構(JETRO)と海外産業人材育成協会(HIDA)は、経済産業省委託事業「2016年度国際即戦力インターンシップ事業」を実施します。

    このプログラムへの参加はグローバル理工人育成コース「実践型海外派遣プログラム」の単位として認められます。

    航空賃、滞在費など必要とされる旅費は主催者側により負担されます。

    このプログラムには2012年度から毎年本学学生の参加実績があります。

    グローバル理工人育成コース所属生による参加を呼び掛けます。

    インターンシップ内容に関する詳細情報は以下を参照してください。

    http://intern.hidajapan.or.jp/

    https://www.jetro.go.jp/services/intern.html

     

    活動目的と概要:

    日本の学生および若手社会人を新興国の政府関係機関、業界団体、現地民間企業、日系企業などに派遣し、学生については将来のグローバルリーダーとなりうる人材を育成する。また文化と商習慣が異なる国でインターンを行うことにより、即戦力として活躍する能力を身に付け、さらに人的ネットワークを広げることができる。

     

    派遣予定国:

    今年度の派遣予定国は今のところ以下のとおりです。

    インド、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、スリランカ、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ペルー

    なお、昨年度の学生派遣実績(1次募集と2次募集の合計)は以下のとおりでした。

    インド(11名)、インドネシア(1名)、エクアドル(1名)、スリランカ(3名)、タイ(6名)、カンボジア(3名)、フィリピン(10名)、ベトナム(16名)、マレーシア(3名)、ミャンマー(1名)、ペルー(2名)、ボリビア(1名)、セルビア(1名)、以上14か国60名。

     

    受入組織:

    昨年度の実績では、社会人枠と併せると全体で103機関、うち民間企業63、業界団体9、政府機関5、そのほか国営企業等。

    受入組織の業種:製造(機械・自動車、食品、繊維・衣料、医療機械・医薬品)、情報通信、産業団体、公益団体、サービス(コンサルテイング、飲食・娯楽、金融・不動産)、教育、エネルギー、省庁・行政機関、販売、建設、環境、教育、運輸

    今年度も同様な内容になります。

     

    応募資格:

    20歳以上でかつ日本国籍を保持し、日本に住所を有し、居住している者。

    原則としてインターンにおいて英語での業務に従事できる語学能力(TOEIC700)を有していることが望ましい。

     

    募集人員:

    1次募集の学生枠は約 40名

     

    応募方法と選考:

    申込みはHIDAのサイトから学生本人が申込みを行う。

    コチラです:http://intern.hidajapan.or.jp/career/application.html

     

    応募期間:

    2016年4月18日(月)~5月26日(木)。

     

    選考:

    選考は書類審査と面接による。選考結果は7月4日(月)までに応募者にメールおよび郵送にて通知される。

     

    派遣日程:

    国内事前研修、派遣手続きを経て2016年9月~2017年2月で2~6か月間現地でインターンシップを実施。

    実際の派遣期間は受け入れ機関、HIDA/JETRO、及び応募者により調整の上決定される。

     

    支援される経費:

    航空賃(航空券を現物支給)、ビザ取得費用、予防接種代、海外旅行保険、滞在費(平均3500円程度×泊数:過去の本学参加者の実績では自己負担は生じなかった)、事前研修費。

     

    単位:

    3年生以上の参加者には、派遣期間に応じてグローバル理工人育成コースの修了要件となる実践型海外派遣科目の単位が付与される。

     

    過去の本学参加者の報告書:

    2015年度の東工大参加学生の報告書
    2014年度の東工大参加学生の報告書
    2013年度の東工大参加学生の報告書
    *2013年度の参加者(バングラデシュ派遣)が帰国後2014年~2015年にかけて東工大基金を利用して実施した「日本×バングラデシュ姉妹学級プロジェクト」(同世代の子供たちの国際交流と、ものつくりをとおした科学技術をより身近に感じる体験)報告書はこちら。是非お読みください。

     

    体験談:

    本プログラムに参加した東工大生から体験談を聞くことが可能ですので、希望される方は当支援室担当にご連絡ください。

    担当教員:横倉(グローバル人材育成推進支援室  ghrd.info@jim.titech.ac.jp  03-5734-3121)

     

    その他:

    留学願が必要となりますので、学科の教員に相談してください。

    応募した場合には上述支援室担当教員にその旨お知らせください。