NEWS

    新着情報

    CAMPUS Asia Special Lecture 2015 開催

    2015年6月4日

    ”Technology of Tomorrow” -Envisioning Urban Lifestyle and Cities of the Future-

     

    本学では、文部科学省補助事業「大学の世界展開力強化事業」の採択を受けて、日中韓による”TKT CAMPUS Asia Consortium”を推進しており、夏には中国・清華大学、韓国・KAISTの学生を受け入れ、サマープログラムを実施しています。

    この度、キャンパス・アジア・サマープログラムの一環として、下記の通り本学リベラルアーツセンター講師パトリック・ハーラン先生によるスペシャルレクチャーを開催します。

    レクチャーでは、科学技術によって5年後、さらには10年後の環境・エネルギー、住居・生活、移動手段、通信システムなどがどのようになっているべきか、現状の問題をどうやって解決し、そして自分はそこにどのような貢献ができるかについて、各自の研究分野をベースに、各国からの留学生と東工大生、および他大学の学生がプレゼンテーションを行います。

    パックン先生はファシリテーターとして、各学生のプレゼンテーションに対するコメント、また会場も含めた学生達とのディスカッションをリードして下さる予定です。
    発表、ディスカッションはすべて英語で行います。

    つきましては、グローバル理工人育成コース履修登録者の皆さんにもぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
    当日は会場との意見交換の時間を多く作っていますので、皆さんの積極的な発言で実り多いレクチャーとなることを期待しています。


    日時 : 2015年7月22日(水)午後3時~5時

    会場 : 東工大レクチャーシアター(大岡山キャンパス西5号館W531)

    テーマ : ”Technology of Tomorrow” -Envisioning Urban Lifestyle and Cities of the Future-

    形式 : 学生によるプレゼンテーションおよびディスカッション

    言語 : 英語

     

    ○参加方法:件名を「キャンパス・アジア・スペシャルレクチャー」とし、名前、所属、学年を明記の上、cass.events@jim.titech.ac.jpまでメールにて申込むこと

    ○締切:定員になり次第締切りとします。

    ○注意:授業と重なっている場合は授業を優先すること

    詳しくはこちら

    問い合せ先 :
    国際部留学生交流課事業推進グループ
    キャンパス・アジア事務局(内線2984)