NEWS

    新着情報

    バンドン工科大学サマープログラム参加者募集!

    2014年4月23日

    理工学研究科工学系では、アジア・オセアニアの工学系トップ大学間の教育および研究
    の質の向上を目的として設置されたコンソーシアムAOTULEを通して、プログラム加盟校
    11大学間で留学生受け入れ等の交流を行っています。
    この交流事業の一環として、加盟大学のバンドン工科大学(インドネシア)によるサマープ
    ログラムの参加者募集通知がありましたので、ご案内します。

    派遣対象者: 理工学研究科工学系・工学部に所属する正規学生

    派遣先大学: バンドン工科大学(インドネシア)

    派遣期間: 2014年8月10日~2014年9月1日(プログラムは8月12日〜8月30日実施)

    予定されているプログラムの項目:
    1) Selected lectures in Engineering
    2) Cultural visit and events
    3) Industrial visit
    4) Engineering project (students will be divided into several groups)
    5) Project Presentation
    ※今後通知されるプログラム詳細によっては、派遣期間が1、2日程度短縮される場合が
    あります。

    派遣経費:
    ・本プログラムの授業料は発生しません。
    ・バンドン工科大学より期間中の宿舎と食事が提供される予定です。
    ・フライトは工学系・グローバル理工人育成コースが手配するチケット(フライト代金13万円程度の予定)の利用となり、各自で旅行代理店に支払っていただきます。
    ・所定の要件を満たす学生には奨学金として各人に7万円が支給される予定です。特に学部生は前年度の成績評価係数の値が2.30以上の必要があります。なお、国費と各国政府派遣の留学生は奨学金支給対象外です。

    派遣予定人数: 大学院生(1-2名)、学部生(3-4名)合計5名

    申請手続き: 申請書式(別紙)に必要事項を記入の上、平成26年5月2日(金)午前11時必着で工学系国際連携室へ学内便(POST:H-106)で提出して下さい。バンドン工科大学へ直接応募する事は出来ません。

    採否決定方法: 工学系AOTULE委員会による英語での面接審査を平成26年5月7日(水)の午後に行い、書類審査と面接審査を参考にして採否を決定します。

    採否決定後: 採否の結果は応募者宛に連絡されます。採択された場合には案内に従ってすみやかに必要な手続きを行ってください。

    留学手続き: 派遣学生には留学手続きをとっていただきますので、指導教員、学科長、コース長、助言教員等と申請前からよくご相談ください。

    学部生派遣者の履修申告手続き:
    本プログラムによる学部生の派遣は「グローバル理工人育成コース」の枠組みで実施されるため、3、4年生は「グローバル理工人研修1A」を、また1、2年生は「グローバル理工人研修入門1A」(各1単位)を履修申告していただき、事前・事後の学習とあわせて単位認定手続きが行われます。詳細は、採択後にご案内します。

    AOTULE委員会と工学系派遣プログラム実施委員会からの依頼事項:
    AOTULE委員会やグローバル理工人育成コースよりプログラムにおける活動の報告、東工大クロニクルへの滞在記の執筆、この派遣事業に関係する行事への参加、などの依頼があった場合には、特段の理由のない限り対応していただきます。

    注意事項:
    ・このプログラムは、当該大学の指導教員の下での研究や講義の単位取得を目的としたものではありません。
    ・このプログラムの実施時期が本学における教育・研究活動等と重なっている場合、応募には慎重を期して下さい。申請に対する採否の決定および通知、受入機関とのコーディネートについては,国際連携室、AOTULE委員会、工学系派遣プログラム実施委員会で行いますが,学内での教育・研究活動等との調整は学生が自分の責任で行うようご指導ください。
    ・留学生の場合、国籍によってはビザ取得困難のため渡航できない事例がありますので、応募に当たっては事前によくご検討ください。

    問い合わせ先: 工学系AOTULE委員会 ko.aotule@jim.titech.ac.jp
    書類提出先: 学内便ポスト番号H-106 工学系国際連携室宛