NEWS

    新着情報

    H25年度グローバル理工人育成コース所属・修了要件及び各プログラム対象科目について

    2013年5月21日

    グローバル理工人育成コースについて、平成25年度の所属・修了要件及び各プログラム対象科目が決定しました。
    所属要件・修了要件は、入学年度(学籍番号XX-)ごとに異なりますので注意してください。
    なお、プログラム対象科目については、今後変更又は追加される可能性があります。

    平成25年度所属・修了要件及び各プログラム対象科目(pdf)はこちらから

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (1) コース所属要件…学科に所属していること

    *1年次生については、学科所属と同時にコース所属とする

    この他の所属要件として、

    【1年次生(学籍番号 13_)】 な し

    【2年次生(学籍番号 12_)】 な し

    【3年次生(学籍番号 11_)】

    ①「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」対象科目から2単位以上
    修得していること

    或いは

    ②TOEFL iBT80点以上又はTOEIC750点以上のスコアを有していること

    【4年次生(学籍番号 10_)】

    ①「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」対象科目から4単位以上
    修得していること

    或いは

    ②TOEFL iBT80点以上又はTOEIC750点以上のスコアを有していること

     

    (2)コース修了要件単位

    【国際意識醸成プログラム】

    【1年次生(学籍番号 13_)】 計 3単位以上

    ①所属する類のFゼミを履修し、2単位以上修得すること

    ②グローバル理工人入門(仮称) 1単位を修得すること

    【2年次生(学籍番号 12_)】 1単位

    ①グローバル理工人概論(仮称) 1単位を修得すること

    ただし、入学から平成26年3月までに留学経験()があった場合は必須としない(→0単位)が、実践型海外派遣プログラムの履修による留学は除く

    【3年次生(学籍番号 11_)】 1単位

    ①グローバル理工人概論(仮称) 1単位を修得すること

    ただし、入学から平成25年3月までに留学経験()があった場合は必須としない(→0単位)が、実践型海外派遣プログラムの履修による留学は除く

    【4年次生(学籍番号 10_)】 1単位

    ①グローバル理工人概論(仮称) 1単位を修得すること
    ただし、入学から平成26年3月までに留学経験()があった場合は必須としない(→0単位)

    原則として、本学における留学プログラムによるものとし、期間・内容は問わない。

     

    【英語力・コミュニケーション力強化プログラム】

    【共 通】

    ①「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」対象科目から、4単位以上修得すること

    ②レベルに応じて履修すること(Aは中級、Bは上級)

    ③実践型海外派遣プログラム履修前に修得すること

    【1年次生(学籍番号 13_)】   計 4単位以上

    【2年次生(学籍番号 12_)】   計 4単位以上

    【3年次生(学籍番号 11_)】   計 4単位以上

    ただし、TOEFL iBT80点以上又はTOEIC750点以上のスコアを有している場合は必須としない(→0単位又は2単位)

    *コース所属時に2単位を習得しておらず、TOEFL iBT又はTOEICのスコアにより、所属要件を満たす者については、コース修了までに計4単位修得することを推奨する。2単位修得している者についても同様。

    【4年次生(学籍番号 10_)】   計 4単位以上

    ただし、TOEFL iBT80点以上又はTOEIC750点以上のスコアを有している場合は必須としない(→0単位)

    *コース所属時に4単位を習得しておらず、TOEFL iBT又はTOEICのスコアにより、所属要件を満たす者については、コース修了までに計4単位修得することを推奨する。

     

    【科学技術を用いた国際協力実践プログラム】

    【共 通】  計 8単位以上

    ①「科学技術を用いた国際協力実践プログラム」対象授業科目のうち、

    ・文系科目、文明科目、創造性育成科目等より4単位以上

    ・基礎専門科目、理工系広域科目より2単位以上

    を含む計8単位以上修得すること

    (1)課題発見・解決力、(2)異文化理解力、(3)チームワーク力 をバランスよく履修すること ((1)(2)(3)各2単位以上)

    *対象授業科目の詳細については、「科学技術を用いた国際協力実践プログラム対象科目一覧」(pdf)を参照のこと

    【3年次生(学籍番号11_)】 *学生個々のケースにより科目の読み替えを行う場合がある。
    【4年次生(学籍番号10_)】 *学生個々のケースにより科目の読み替えを行う場合がある。

     

    【実践型海外派遣プログラム】

    【共 通】  計 1単位以上

    ①「実践型海外派遣プログラム対象授業科目」より1単位以上修得すること

    ②他の3つの修了要件を満たした後に履修することが望ましい

    ③3年次以降に渡航するものに限る

    【4年次生(学籍番号10_)】

    原則として、平成25年度に渡航するものに限る。ただし、3年次に実践型海外派遣プログラムに準ずる留学経験がある場合は、それをもって充当することがある。

     

    (3) コース修了要件

    ①ポートフォリオ(導入予定)による修得能力の判定及び面接による判定に合格すること

    ②語学力が、TOEFL iBT80点以上又はTOEIC750点以上であること

    ④学部を卒業すること(卒業時にコース修了証を交付する)

     

    (4)その他

    ①コース所属学生の学修状況は、メンター(各学科)及びプログラムコーディネーターが進捗チェックし、適宜修学指導を行う。

    ②コース所属学生は、一定水準以上のGPAを取得していなければ修学指導の対象とするな
    ど、厳密に管理する。また、海外派遣についても一定水準以上のGPAを課す。
    (適用は平成26年度或いは平成27年度から)

    ③上記のコース所属・修了要件は、平成25年度を対象とするものであり、翌年度以降変更になる場合がある。

     

    平成25年度「グローバル理工人育成コース」の所属申請手続きについて

    教務WEBシステムから申請してください。

    【1年次生】 11月頃(予定)

    【2~4年次生】 5月21日(火)~6月21日(金)

    *1年次生と2~4年次生では、申請時期が異なるので注意してください。

     

    *コース所属・修了要件に関するご質問・お問合せはこちらまで
    *履修科目の読み替え、所属要件に満たない、などの場合には、来室予約の上、グローバル人材育成推進支援室(西3号館703)に相談してください。